快適ヒゲ脱毛を実現!最新機器メディオスターはここがすごい!

自信ありげな男性

 

日本だけでなく世界中の美容クリニックがこぞって導入している「メディオスターNeXT PRO」は、今までの機器とはまったく違った脱毛理論に基づいて開発され、脱毛によって起こる従来の不便や痛みを解消した、画期的な医療脱毛機です。

 

→オリジナル脱毛機を使っているサロンも……

 

メディオスターNeXT PRO、痛みが少ない理由は「蓄熱式脱毛理論」!

従来よく使われていた医療レーザー脱毛機は、「ダイオードレーザー」あるいは「アレキサンドライトレーザー」というものです。これらの機器に共通するのは、レーザー光線の、「黒色に反応をする」という特性を生かして毛根を熱で壊すという理論に基づいて開発されている、ということです。
レーザーを照射し、毛根が熱によって壊されたときに衝撃が起こるのですが、その衝撃が痛みとなって施術を受けている人の体に伝わってしまいがちです。

 

一方、「メディオスターNeXT PRO」は、毛根そのものを壊すのではなく、「バルジ」と呼ばれる発毛因子を壊すことによって毛が再び生えるのを阻止して脱毛します。毛根と比べて浅い層に存在するバルジに、細かくレーザーを照射し、脱毛をしたい部位に熱を蓄えさせて壊していきます。

 

従来の脱毛用レーザーと比較すると衝撃が少ないため、びっくりするほど痛みが軽減されています。

鼻の下など、「脱毛するとものすごく痛い!」と言われている部位でも、安心して脱毛に取り組むことができますよ。

 

やけどのリスクも小さくなっているので、従来のレーザーよりも肌を傷めにくくなっています。

今まで、痛みがネックになってヒゲ脱毛を躊躇していた人も、安心して取り組むことができますね。

 

メディオスターNeXT PRO、肌に対するダメージが小さい理由は「強力冷却装置」!

蓄熱式の脱毛照射を行った場合、

  1. 皮ふの下にバルジを壊すための熱が少しずつ溜まっていき、温かくなります。
  2. 照射が続くと、直射日光にさらされたようなかなりの熱を感じるようになります。

これは、脱毛のためには欠かせない熱です。

 

とはいえ、あまりにも熱いと、施術を受ける方のストレスになりかねません。
そこで、メディオスターNeXT PROには一工夫が施されています。照射ヘッドに強力冷却装置を取り付けることで、照射部位に溜まる熱の緩和を実現しました!この装置は、冷却水で4℃から5℃に冷やした金属のパネルを照射部位に当てて熱を素早く下げる、という仕組みになっています。

施術の間、熱さをよりもむしろ冷却装置による冷たさを顕著に感じることが多いぐらいなんですよ。

 

蓄熱式脱毛&冷却装置のW効果がすごい!

蓄熱式脱毛は、「レーザーの光を黒い色に反応させて毛根を壊す」という原理に基づいたものではありません。
従来の医療レーザー脱毛においては脱毛前の日焼けはNGで、施術前は必ず日焼けを防がないといけませんでしたが、メディオスターNeXT PROの施術の場合は、肌や毛の色合いが脱毛効果に影響を及ぼすことはありません。

 

→ヒゲ脱毛する前の準備について

 

また、蓄熱式脱毛及び冷却装置のW効果で、肌へのダメージはほぼ発生しないと言ってもよいでしょう。照射した後に起こりがちな赤みもほとんどなく、医療レーザー脱毛後にありがちな毛嚢炎(もうのうえん)も防ぐことが可能なのです。

 

メディオスターNeXT PRO、脱毛期間が短い理由は「打ち漏らし激減」!

従来の医療レーザー脱毛は、「レーザーの照射を毛根に対して行い、毛根を熱で壊す」というメカニズムによるものでした。毛が発生してから抜けるまでのサイクル、すなわち「毛周期」に上手に合わせて、毛がいきいきと生えている時期に照射をしないと良い効果は出ません。

ちょっと見たところ毛が生えているようで、実は既に抜ける時期に差しかかっている「毛周期後期」の毛に対して照射をしても、毛根に充分なダメージを与えられません。ダメージが充分でなかった部位からは、再び毛が生えてしまいます。
このような状態を「打ち漏れ」と言い、脱毛期間が長くなってしまう一因となっています。

 

それに対して、メディオスターNeXT PROは、発毛因子である「バルジ」にダメージを与える仕組みになっています。

バルジに関しては、たとえ毛周期後期でも効果的にダメージを与えることができるので、打ち漏れの可能性が低減されます。うち漏れが減ると、再び生える毛の量も減るため、結果的に短い期間で充分な効果が得られるのです。

 

 

メディオスターNeXT PROを用いた快適で効果的な脱毛をあなたもぜひ体験してみませんか。