脱毛したら肌が荒れた!その理由と対処法

悩む男性

 

ヒゲ脱毛したら肌が荒れたりニキビができたりしたという話は珍しいものではありません。
つるつる肌を目指しているはずなのに、なぜ、脱毛によって肌が荒れたりニキビができたりするのでしょうか。

 

レーザーの威力はハンパない

脱毛クリニックで医療レーザーを使う場合、通常は肌に必要以上に負担をかけないように調整された出力で照射します。
けれども、出力が必要以上に強かったり、施術を受ける方の肌が過敏だったりすると、過剰に反応してしまい、肌が荒れたりニキビができたりすることがあります。

 

肌がひどく荒れたとまではいかなくても、「照射した後に皮ふが赤くなった」「だんだんヒリヒリしてきて痛みを感じた」と経験を語る人も多数います。元々、レーザーには毛根を破壊してしまうほどの威力があるので、どうしても肌に影響が出やすいのです。

 

乾燥がトラブルを呼ぶ

レーザーを用いた脱毛は、熱の力を借りて脱毛を行います。それゆえ、施術部位は軽く火傷を負ったような状態になっています。
火傷は炎症のようなものです。炎症を起こしている肌のバリア機能はもちろん低下します。その結果、乾燥肌状態になってしまいます。

 

さらに、レーザーの照射によって発生する熱は、肌に含まれている水分を奪います。
施術前から乾燥肌気味の人は、いっそう乾燥がひどくなります。

 

乾燥は肌のコンディションを悪くするもっとも大きな原因です。ほったらかしにしておくと、肌はどんどん荒れてニキビも増えてしまいます。

 

体調不良時に無理して脱毛

体調不良のときにヒゲ脱毛を行うのはあまりおすすめできません。
肌のもつバリアー機能が著しく低下しています。普段なら平気なちょっとしたことが、肌荒れ・ニキビの原因になってしまうこともあるからです。
また、体調が悪いと施術時の痛みを強く感じることもあるようです。
体調が良くないときには無理をせず、脱毛は次の機会にしておきましょう。クリニックによっては、急な予約変更にも応じてくれるところもありますよ。

 

ヒゲ脱毛後のケアについて
保湿をする

乾燥が肌荒れ・ニキビの原因となっています。肌を必要以上にカラカラにしないよう、「保湿」が重要になってきます。

 

ヒゲ脱毛の後は、化粧水や乳液、クリームなどを使って肌の保湿を心がけましょう。

保湿に使う化粧品は、市販品でも構いません。
日頃から丁寧に保湿をすれば、肌の新陳代謝が活発になり、脱毛の効果もすぐに出やすくなりますよ。

 

薬の処方をしてもらう

医療機関でない脱毛サロンの場合は薬の処方はできませんが、クリニックなら軟膏などの処方をお願いできます。肌荒れを防ぐために、必ず施術の後に軟膏を塗るクリニックもあります。

 

もし、施術の後に肌が痛かったり違和感を感じたりしたら、迷うことなくクリニックに相談してみましょう。症状にあった薬を処方してくれることもあり、肌荒れやニキビにも素早く対応できます。

 

肌トラブルに見舞われないために、どんなところで脱毛するのがベスト?

快適にヒゲ脱毛をしたい場合、どんなところに通えばよいのでしょう。

最新脱毛機の導入

脱毛機器の発達は目覚ましいものがあります。新しい機器は、痛みや肌荒れの軽減効果が大幅にアップしています。気持ちよく脱毛するのなら、導入機器が最新のところがおすすめです。
→最新脱毛機器メディオスターの特徴

医療機関だと処置が早い

施術時に肌荒れしたりニキビができたりしたとしても、医療機関なら薬の処方や傷の手当などの処置を迅速に行うことができます。

 

 

 

脱毛した後に丁寧なケアができるかできないかで、肌の状態のよい理想的な脱毛ができるかどうか決まってきます。最初は大変かも知れませんが、肌のケアを毎日の習慣にする努力をしてみましょう。

 

→事前の準備も大事…ヒゲ脱毛する前の準備について